ランニング.com » 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症って一体どのような症状なんでしょうか。腰痛になったことのない人は初めて聞く病名だと思います。腰痛といっても色々と種類がありますが、これは椎間板ヘルニアと並ぶくらい有名な腰痛のです。

腰の痛みを始め、足のしびれなど様々な症状が発生します。では一体、脊柱管狭窄症はどのような事が原因でなってしまうのでしょう。

そもそも脊柱管とは、脊椎の椎孔が連なって出来た細長い空間を指します。狭窄とは、簡単に言えば狭まるとか、狭いという意味があります。

つまり、脊柱管狭窄症とは脊椎の椎孔が連なって出来た空間が何らかの理由で狭まる病気です。それにより、腰の痛やしびれなどを引き起こしてしまうのです。

もう一つの考えとして、血流の流れに問題があるという見解もあるようです。血流が悪くなり、筋肉が硬直することで症状の原因になるという見解です。

実際のところ要因は人によって様々で、一概に言えるものではありませんが、改善のために言えることは、狭まった脊柱管を広げるためのストレッチや、症状がひどい場合には手術も必要だということです。

しかし、手術は大変なリスクと費用がかかってしまいます。リスクを挙げますと手術をした90%以上の方が半年以内に痛みを再発している例もありますし、費用については保険適用したとしても、20万円程かかるようです。

このようなことから、最後の手段として行うものであって、出来るだけ手術をしないで改善していくことを目指していくべきだと思います。