ランニング.com » 整体院の開業と資格について

整体院の開業と資格について

「整体」といえば、なんとなく身体をほぐして、治療的効果を得ようとするもの、というイメージを持たれるでしょうか。

正確には、「脊椎・骨盤・肩甲骨・上肢・下肢などの身体全体の骨格や関節の歪み・ズレを矯正することを目的としており、骨格筋の調整などを手足を使った手技と補助道具用いて行う医業類似行為の一種」です。

広く「整体術」、「整体法」、「整体療法」という呼び名が使われていて、その施術が行われているのが「整体院」です。

整体院を利用する立場からすれば、情報としてはそれで十分なのですが、整体院を「開業」する立場となると、どういった準備が必要になるのでしょうか。

まず「整体師」という資格について説明しますと、「整体師」は、民間団体などが団体それぞれの「独自の審査基準」に従って、任意で与えられるものである「民間資格」に分類されています。これらについては、法令で規定されているものではないために。

業界によって一定の能力担保がされていると認知されるものから、「資格商法」と称されるようなかたちで与えられている、社会において評価がほとんど存在しないようなものまで、その種類は多岐にわたります。

極端な例でいけば、「明日から整体師になって整体院開業するわ」と宣言すれば(別に宣言も必要ないですが)、整体院を開業することは、一応可能となります。

しかし、整体院を運営していくのならば、解剖学・生理学などの基礎医学の知識を習得した上で、整体の独自の特殊技術(手技マニュピレーション・背骨矯正)などといった専門的なスキルを習得する必要があります。

先にも述べたとおり、法制化がなされていない以上、無資格での整体院開業も違法行為にはならないでしょうが、結局信頼は得られないでしょう。

また、整体術に関しては「実践経験がすべて」と言われており、整体スクール・講座を利用して必要な知識と技術を習得、それらを反復練習して完全なものとしなければならないのです。付け焼刃での施術は、効果がなかったり、最悪症状の悪化につながる可能性もあるのですから。

終活に関する資格のことやご相談はこちらから