ランニング.com » リノベーションの注意点

リノベーションの注意点

一戸建てであってもスケルトンの形状に合わないリノベーションを施すことは出来ません。

スケルトンとは家の骨組みのことでこれを作り直すとなればさらに費用がかさむことになりますから、モデルルームや過去の事例で見たような部屋にしたいと思っても、うまく出来ないことがあります。

さらに数年経ったものにはスケルトン自体の耐久性も不安になってしまいます。耐震基準が新しくなっていますので、過去の物件ではそれを満たしていないということも考えられます。

ですからスケルトンの耐久性が心配になるという方は控えた方が良いでしょう。そして、リノベーションの一番のデメリットはやはり時間がかかるということ。

その間に済む所を確保しなければならず、結構な負担になります。すでに工事済みの物件ならば、そういう必要はありません。

ただし自分で工事を依頼するわけではないのですからもちろん、内装は新築購入と同じように、自分で好きに決められるわけではありません。

工事プランから自分で決めて、自分の理想の家を作るか。すぐに住める家を購入するためにリノベーション済みの物件を購入するか。どちらも一長一短なので、自分に合ったものを選びましょう。