ランニング.com » 腰痛と病院について

腰痛と病院について

腰が痛んだら一体どの病院に行けばいいのか、、一般的な答えはまず整形外科だと思います。腰痛がある、原因は何かわからない、という場合です。

あるいは内科にいく方も多いようです。内科では風邪の治療をしたり、症状を調べたり検査をした結果として、適切な診療科をアドバイスする役目があります。

近くに内科しかない、まず調べてもらって、大きな病院に行く、今のようにクリニックがたくさんない時代にはこれが定番だったとも言えます。

では整形外科で見てもらったとします。その場で治療をするケースとして、腰痛が特定の病気から来る場合が考えられます。

椎間板ヘルニアもそうですし、腰椎すべり症や脊柱管狭窄症などが検査結果で出てくる主な病名です。これ以外の場合、つまり病名がはっきりしない、原因がわからない場合はどうでしょう?

治療はできません、と断られることになります。保険診療をするところがこれでは、とややイライラしてしまうかもしれませんが、病名が無い場合はほとんど軽症であると考えることも可能です。

また他には胃腸科などの診療科が考えられますので、胃から来ているかもしれない、腰痛の他に腹痛もややあるかな?という場合が当て嵌まります。

精神科も最近は酷い痛みを抱えて難儀な様子で受けに来る方が多いそうです。鬱病からも出ますし、あるいは腰痛が痛くなってうつになる方も多いようです。

やはり、できるだけ早く治療したいのにこれではな、と感じたら、総合病院や大学病院に真っ先に駆け込むのが正しい処置だと思います。

病院以外、整体やカイロプラクティックなどでも腰痛を治療している方が増えています。骨が昔から歪んでいるようだ、これでは腰痛が出ても仕方がないし、腰痛だけだったのが奇跡だ、などといわれる方も多いようですので、

腰がどのような状態でも、また病院でも民間療法でも、とにかくできるだけ早めに診て貰うに越したことはない、と言えます。