ランニング.com » 整体で股関節の歪みを治す

整体で股関節の歪みを治す

股関節の痛みは、股関節が固まってしまっているとよく発症します。また股関節には筋肉があります。

この筋力が低下することでも痛みは起こります。筋肉が固くなっている場合は座り仕事や立ち仕事で痛みが起こりますし、筋力低下の場合は歩行をしていると痛みが起こります。

また股関節の痛みを放置していると坐骨神経痛に発展する恐れがあります。神経症状として臀部や太腿などに激しい痛みが起こります。

股関節は背骨の腰椎という骨から出る神経が制御しますが、股関節の筋肉にはよく使用されるアウターマッスル、そして深層部にあるインナーマッスルがあります。

このうちインナーマッスルは日頃あまり使用されず、より筋力低下が強くなっています。整体ではインナーマッスルを鍛えるように体操をしたり、アウターマッスルの固さをほぐすための施術をします。

また大腿骨の関節は、丸いボールのような大腿骨頭が骨盤の寛骨臼の中に納まっていますが、この関節を支えるための靭帯、筋肉が股関節に付着しています。この組織が緊張をすると、痛みが起こります。

整体ではこのような緊張や固さを取り除くことで、柔軟性を取り戻すように治療をします。股関節の痛みを予防するためには、まず運動が必要です。ウォーキングでも効果があります。

またストレッチをして柔軟性をつけてから距離を徐々に伸ばしていく方法がよく用いられます。腰と股関節は連動していますので、腰には常に余計な負担をかけないようにすることが大切です。

特に腰痛がある場合は、寝起きの姿勢などにも要注意です。仰向けで急に起き上がらずに、横向きで起き上がるようにし、特に冬場は筋肉が硬くなっていますので、些細なことですが注意しなければなりません。

椅子への座位では、坐骨結節という体育座りすると床に当たる部分に体重を乗せるのが効果的です。また椅子の上で常にどちらかの足を組みたくなるという場合は、すでに股関節が歪んでいる場合がほとんどです。