ランニング.com » すべり症の早期発見

すべり症の早期発見

すべり症とは、腰椎の椎体の後ろ側に存在する「椎弓」という部位で発生する疲労骨折が原因となって発生します。

この疲労骨折は腰椎分離症と呼ばれ、すべり症は腰椎分離症で分離した骨が前方向にずれ出すことで発生します。この腰椎分離症はあらゆる年齢層で発症する可能性があるとされてきました。

そして最近、特に成長期におけるスポーツ活動が原因となってすべり症が発症する可能性もあると考えられるようになってきました。

このことから成長期の腰椎分離症は「思春期脊椎分離症」という名称で、普通の腰椎分離症と分けて扱われるほどに、成長期に多く発症するものと考えられています。そのためすべり症も成長期での発症が多いのです。

しかし、腰椎分離症は早期診断によって初期段階で症状を発見することができると、疲労骨折を起こした部位の骨癒合が期待できることがあります。

腰椎分離症と診断されますと、スポーツなどは一旦休止し、コルセットを用いての治療が始まります。しかし、若年層であっても、必ずしも骨癒合が期待できるというわけではありません。成長期であっても骨の成長にも個人差があります。

早い場合だと中学生のうちに発育が終了してしまう場合もあり、そうなると骨癒合が期待できなくなる場合もあるからです。

この点が、腰椎分離症(すべり症)の治療において、早期発見が重要視される要因の一つです。早期発見となって、かつ骨癒合の期待が出来るケースにおいては、最終的な骨癒合を目標として、コルセットを装着しつつ治療を行なっていきます。

もし、すべり症になるほどに進行していて、腰椎分離症の終末期、あるいはすべり症と診断された場合には、残念ですが多くの場合骨癒合は期待できません。

そのケースでは、筋トレなどを行いながらすべり症の痛みをコントロールしつつ、スポーツや職場復帰に向けた治療となります。