ランニング.com » リフォームとの違い

リフォームとの違い

リノベーションは非常にリフォームと似ていますが、リフォームとは全く違うものになります。どちらも家を修復するという意味がありますが、その方向性に大きな違いがあります。

リフォームならば、今まで住んでいた家が古くなってしまって、住みにくくなってしまったから、それを直すということなのですが、リノベーションはここから一歩踏み込んでいます。

それは、住居を新しく作り替えるということなのです。例えば部屋の模様替え。配置を換えるだけではリノベーションではないのですが、もしも窓の位置や入り口の位置、そして部屋の広さまで代えることが出来るとしたのならば、それはリノベーションになります。

今までの部屋をただ直すではなく、新しく作り替えて、さらにはその住み易さも向上させるものです。つまり今までの中古住宅とは違い、中古でありながらも新しい価値を持った物件ということになります。

特に住宅の中古というのは古くささが付いて回ってしまいますが、リノベーションをすることによってその悪印象を拭って、さらに価格面ではお得になるということです。

ですから、個人で行う意外にも、住宅会社もかなり注目しています。最旬のキーワード、といって良いでしょう。

スチームクリーナーのレンタルは得か