ランニング.com » 腰椎分離症の治療について

腰椎分離症の治療について

腰椎分離症の治療方法には、コルセットと痛み止めを併用したり、腰椎分離症の痛みが軽い際には筋力トレーニングを用いてコルセットの役目を持たせるなど、多くのパターンがあります。



またパターンを選択する前によく医師と相談して決定していくことが必要でしょう。腰椎分離症の原因になるのは過度の運動であるといわれます、運動によって疲労骨折を起こしてしまうのです。骨折した部位はなかなか接合することが難しい部位です。

まずは腰椎分離症の症状を和らげるために、患部を刺激しないような効果的な方法を探すことがやはり肝心でしょう。

脊椎分難症は文字どおり、脊椎の一部が骨折して離れるというものですが、痛みがほとんどなく、単なる毎日の疲労による腰の疲れであるという感覚で片付けてしまわれがちです。

このような危険を回避するためにも、できればちょっとでも感覚がおかしければ、整形外科でレントゲンを撮って見ることが必要でしょう。特に早期治療を成功させるためには、小学校の時にも腰椎のレントゲンを撮ってもらうようにすることが推奨されます。

またストレスや過度のスポーツによる疲労によるものばかりではなく、遺伝が原因であるというケースもありますので、そのような痛みがあればかならず診察を受けるようにしたほうがいいでしょう。

レントゲンでは詳細がわからない、という場合にはCTやMRIと呼ばれる、コンピュータの能力を駆使した方法で撮影され、より詳細な断層撮影を得ることもできます。

色々な方法の中から状態にマッチした治療方法を決定する際には医師とのコミュニケーションが最も大切でしょう。整体などを受ける場合でもどのようなメニューを受けたいのかを相談するのがいいでしょう。

コルセットを装着した際にはどのような感覚を覚えたかを覚えておき、それで問題はないものかどうかを相談する必要もあります。専門の脊椎の外科にかかることも推奨されますので、できれば大きな病院で一度診察を受けるのがいいでしょう。