ランニング.com » 五十肩と針

五十肩と針

五十肩はどう治療すればいいのか、同じ病気でもそのあらゆる症状に効果がある方法などないのと同様に、五十肩にもはっきりとした答えはありません。しかし、もちろんそれぞれの方にあう方法は必ずあると言って間違いではありません。

五十肩を針で効果的に治したという方もいらっしゃいますが、この方法で効果があるのは、きちんと五十肩のリハビリができる場合に限られる、と言うことに注意が必要です。

多くの鍼灸院では、ストレッチや運動をするタイミング、その方法についてを的確にアドバイスし、患者さんの回復を早めるために色々なチェックもします。整形外科でのリハビリをしながら、鍼灸院に通い、アドバイスされたストレッチを同時に行っていくという方もめずらしくありません。

五十肩では実はこのような積極性が改善のための鍵になります。五十肩では慢性化すると共に筋肉が硬くなり、肩がますますあがりにくくなることが常ですので、このことを取り除くためにも、肩関節の運動は重要です。

急性期の状態では筋肉にしっかりと針をすることで痛みは改善します。しかし、慢性期になると、なかなかそうはいかないということが常です。

リハビリもまだしずらいというケースが最も困難ですが、この場合は特に針の後にお灸をすえたり、電気治療なども併用するのが常です。またツボを利用して鎮痛のつぼを刺激していく場合もあります。悪循環を避けるためには、この時期はとても大切です。

慢性期もその過渡期を迎えると、痛みよりも運動制限の改善が主になってきますが、急性期の治療が不足していると、痛みがぶり返すことがあります。

あがらない苦しさにこの痛みが重なると、悪循環を感じることも多くなりますが、やはり治療は長くなるのはやむを得ませんので、しっかりと治療を受けながら、リハビリを平行させていくことが大切です。

リハビリによって少しずつ可動域が広くなってきますが、ほとんどの場合お灸をするとその効果もアップします。